社会人になってからは毎日お酒を飲むようになり、自分なりのルーティンを確立してしまうくらいには毎日お酒を飲んでいます。まずはお風呂上がりにビールを一缶、子供達を寝かしつけてから缶チューハイを二缶飲みます。それでも足りない場合は、ワインや日本酒、梅酒のロック等アルコール度数の高いお酒を選んで良い気分になってから寝る事が好きなのです。

こうやって毎日飲んでいたので、お酒が強くなっているのではという過信がありました。ある日職場の送別会で勢いよく飲み過ぎ、日本酒を7合以上飲んでしまったところで世界が回り始めたのです。辛うじてトイレには行けましたが立てなくなり、結局同僚の男性におぶってもらいながら帰宅しました。

同僚の背中に汚物を吐き散らす事はなかったようなので良かったのですが、それ以降深く反省し飲み方を気を付けるようになりました。

まずは当たり前の事ですが、お酒は一気に飲まない事です。お風呂上がりのビールはとても美味しく一気に飲んでしまいたいところですが、特に一気に飲むとお酒の回りが早く、悪酔いする為一呼吸置きながら少しづつ飲むようにしています。

また、万が一飲み過ぎたり次の日に二日酔いになりそうな予感がした時は、100%のグレープフルーツジュースを常備しています。グレープフルーツの成分が二日酔いの原因になるアセトアルデヒドを分解してくれますので、二日酔いの時に飲むと30分程で症状が軽くなります。前日に飲んでおくと二日酔い予防にもなるでしょう。

グレープフルーツに含まれるクエン酸が肝機能を高めてくれますので、アルコールの分解力を高めます。グレープフルーツジュースを常備して飲むようになってからは、二日酔いや悪酔い知らずになりました。もしジュースや果物がなければオルニチンサプリメントを飲むのがお手軽です。コンビニやドラッグストアには様々なメーカー・ブランドの商品が置いてあります。飲むだけで二日酔いや体の疲れが取れやすくなるのでおすすめです。